1万円の増やし方~ビットコインが値上がりを続ける理由

(上は1年間のビットコインの値動き。上がり下がりはあるが値上がり続けている)

ビットコインについて、世間のイメージは「よく分からない」「暴落のニュースが出たりして怖い」だと思う。

 

一方で僕が1月12日に購入したビットコインは順調に値上がりしている。

 

具体的には、
1月12日 0.1BTC 92,158(購入価格9,215円)
1月23日 0.1BTC 104,813(現在の売却価格10,612円)
差額:1,397円の利益

という状況である。

1万円なので利益は11日で1,400円程度となり、1日127円ならもっと別のことやるよ、と思うけど、銀行の金利で10日で1400円を得るためには、いったい幾ら預けなくちゃいけないか。

 

例えば、100万を0.1%(楽天銀行のマネーブリッジ時の金利)で1ヵ月預けて66円(税引後)という金額であることを考えれば、1万円が11日で1,400円増える、というのは破格だということが分かる。

 

1万円だからインパクトは少ないが、10万円なら11万4000円。100万円なら114万円になっている。

 

11日で14万円増えるというのは、なかなかである。

 

増えるのには理由がある。今日はそこを考えてみたい。

 

ビットコインの仕組みは知らなくてもいい

 

仮想通貨がどうやって運営されているのか、実はそれは今でも良く分からない。。

 

でも、Wifiの仕組みを知らなくても使えるように、電子レンジがどうやって食べ物を温めているのか知らなくても使えるように、仕組みなんて知らなくてもいいと思っている。

 

むしろ知るべきはリスクだと思う。卵を電子レンジに入れてはダメみたいに、安全な使い方は知るべきだ。

 

ビットコインで言えば「値下がりしたら、お金が減ってしまう」というのがリスクだ。1万円はずっと1万円だが、0.1BTCは9500円の時もあれば、10500円の時もある。

 

1万500円で買ったのに、9500円になっていれば1000円損してしまう。

 

逆に9500円で買って、1万500円で売れれば1000円得をする。

 

FXや株では「この後値下がりする」と予測して「売りから入る」ことができる。しかし、ビットコインは「買いから入る」しかない。

 

この場合の戦略はどうすべきなのか?

 

ビットコインでとるべき唯一の戦略

 

ビットコインについて考える時、「物は市場に任せれば適正価格になる」という法則を元に考えれば、とるべき戦略が見えてくる。

 

つまり、1BTCはいくらが適正価格なのか?今はそれよりも高いのか、安いのか、それを判断するのである。

 

僕の考えを言えば「130,000」が2017年上半期の適正価格だと思っている。

 

その根拠は単純で、過去最高の金額は約「140,000」である。ここで滝のような暴落が起きて、88,000程度まで急落している。

 

現在は、そこから回復し、「105,000」前後でウロウロしている。

 

わかりやすく数字を単純化して、単位を円にしてみる。

 

140円まで値上がりしたものが、88円まで一気に値下がりした。その後、盛り返して、いまは105円になっている。

 

ここから分かるのは、市場として88円は適正価格ではなく一時的な値下がりだったので、元に戻っているということだ。140円ではじけたということはバブルだったのだろう。そう考えると、120~130円ぐらいが、現状の適正価格だと思う。ということは例え一時的に下がったとしても、それほど恐れることはない。

 

だから、僕はけっこう安心して持ち続けている。まだ上がるから(暴落した要因は把握しているけど、それはあまり重要ではない)。

 

さて、この場合(2017年1月現在)の戦略とは何か? 「少しでも早く買うこと」である。

 

いまはまだ適正価格より低い。一時的な暴落からの回復途中である。今なら買いとなる。ただ、このビットコインの気をつけなくてはいけないところは、買う値段と売る値段が違うところにある。

 

いまで言えば、買うのは107、売るのは104である。

 

つまり、107で買って、次に売って利益を得るためには、3以上値上がりしてからでないと利益が出ないのだ。

 

だからこそ「早く買う」ことが重要なのである。もう唯一の戦略といっていい。

 

とはいえ、どこかでネガティブなニュースが流れて、ビットコインが全く無価値になるかもしれない。だから、あくまで生活費ではなく、余剰資金でやるべきだ。

 

ブログの収益とか。宝くじであたった3000円みたいな臨時収入とか。その点だけ頭に入れておけば、こんなに楽なものは無いと思う。約1000円から出来て、ビットフライヤーなら、買ってしまえばあとはスマホアプリでチラ見するだけでオッケーである。

 

はてさて、適正価格はいくらなのか。

 

値段が動いているだけだが、意外と深い世界である。

 

臨時収入が手元にあって、時間が無い人にはもってこいだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

78年生まれ。東京在住。タモリと日本語のヒップホップと落語が大好き。俳優では緒川たまきとムロツヨシ、サッカーはFC東京が好きです。最近は息子とファミコンをやるのがマイブーム。