スポンサーリンク

運営1年目の振り返りとブログの収益どうするのか問題

2016年も終わりかけなので、そろそろ今年を振り返ってみたいと思う。

2015年の後半に、はてなブログを始めてノウハウを学び、その後「お名前.com」でドメインを取って、サーバーを借りてWordPressでブログを始めたのが今年の2月だった。

現状は月で割ると600円ほどかかっているが、はてなブログの時の収益の感覚から「まぁそれぐらいのランニングコストはペイできるだろう」と思ったのだ。

そんなこんなで動き出したのが「きなこなん式」だった。

最初は過去記事のリライトから始めた

当初は、昔書いていたサイトの記事をリライトしたり、はてなブログの育児ネタ以外を移動したりで、とりあえず30記事ぐらいに増やしたところ、リライトした桜の記事がバズって8万PVでグーグルアドセンスだけで2万円ほどの収益が入った。

それではと、ブログの記事を書くための専用機としてMacBookAirを買ったが、登場から月日が経ったわりに、スペック以外の進化をしていないため、値段の割りに満足度が低くくて返品。代わりに評判の良いChromebook Flip C100PAを3.5万で購入した。

今はこいつを相棒として、記事を書き続けている。ちなみに、Chromebookを紹介する記事の収益で十分にペイできた。意外と売れたみたいだ。

さて、今年を振り返るうえで、よく読まれた記事についても振り返ってみようと思う。

2016年によく読まれた記事

「毎年4、5人は死んだよ」小金井桜の戦前の花見を知る人物が衝撃の告白!

これは「コンテンツが凄すぎるな」って感じで、僕の力量というよりはネタの強さって感じだった。

しかも、これ同じネタで2回バズってる。桜の季節になるとバズるのか?今年の4月も楽しみだ。

選曲がすごすぎる!緒川たまきがラジオで流した曲リスト&アーティスト解説

こちらも緒川たまきさんのラジオが凄すぎた。ラジオを聞きながらツイッターを見ていると5人ぐらいしか反応してないので、聞いてない人のために、まとめ記事+アーティストを調べてみた。書いて半年ぐらいしてバズったので何があったのかな、と思ったら緒川たまきさんの旦那のケラさんがツイートしてくれてた。けっこう音楽に詳しそうな人が「俺なら知っているだろう」と挑むけどみんな「だめだ、知らない~」と言っていたのが印象的だった。検索でも常に上位に入っているのでアクセスの柱になっている。

なぜフリースタイルダンジョンで人気のラッパーR-指定は童貞を前面に出すのか?

これはR-指定のライブを見た時に感じた違和感から書いた記事。いや、もう売れっ子なんだから、そこ推さなくてもいいだろう、という気持ちから考察してみた。あとは「童貞をプロデュース」についてどこかで書きたかったので、繋げてみた。「逃げ恥」とか見てても「童貞マーケティング」というのはありだな、と思う。

普通じゃない並み外れた男DevLarge(デブラージ)の生涯を2万字でたどる

大好きなデブラージについて、力いっぱい書いてみた。いまの自分が飛べる最高の高さは出せたと思う。毎日100人ぐらいが見に来ており、ブルーハーブのボス風に言えば「今日も誰かがググっている」存在。本当に偉大な人だなと思う。

古今亭志ん朝を全部聞いた僕がおすすめする10の演目

志ん朝、志ん生は20代後半ずっと聞いていたので、まとめてみた。個人的には志ん生の方が好き。落語はエバーグリーンというか、廃れないのでPVを支える上ではすごく役に立つ。あとは月亭方正さんの記事を書いたら本人が広めてくれて驚いたことがあった。

独自性が少し見えてきた

「デブラージ」の記事など書きたいことを書き、アクセスの流れを見ているうちに、僕は他のブログを書いている人と記事の方向性が違うことに気付いた。

みなさんすごくきちんとしている。物の紹介も映画の紹介も写真も説明もばっちりだ。

一方の僕は「世の中で過小評価されている、知られてないだけですごい人、物を紹介したい」ということが記事を書く動機なのだ。

面白かったけど有名な本の紹介記事を書く気がしない、とか、人気の映画についての記事を書く気がしないのは、そういうことだと思う。

「こんなすごい人になぜ気付かない!」「なぜこの人のちゃんとした記事が無いんだ!」という怒りこそがパワーなのだ。

その結果、緒川たまきであったり、デブラージ、ユウザロック、ツイギーなどで検索上位(1~3位ぐらい)になることが出来た。

いま1日1000~1500PVだが、ほぼそれらの記事がPVを支えている。

どんな記事を書けば収益が増えるのか、と言えば、まず買ったものをオススメする記事だろう。でも、僕はあまり物を買わない。だからそっちの収益は増えない。。

ブログを書く目的に「お金が欲しい」というのはあるが、そのために記事を書くのはどうかなと思う。目的がぶれてしまう。自分ルールだが。

こないだテレビ東京の「家ついて行っていいですか?」で、元佐川で年収1000万だった人が出ていた。今はアイドルのプロデュースをしているという。その人に「なぜ仕事を辞めたんですか?」と質問したら「そんなに収入は必要ない。1000万とかいります?夫婦だけで子どもいないし。それよりも自分がやったことを見て、誰かが『あいつイカれてるなぁ』と思ってもらう方が嬉しい。僕にしかできないことをしたいから辞めた」と言ってた。

ブログのことを考える時、その言葉を思い出す。せっかく書きたいこと書くスペースを得たのに、収益のために何かを書くのは違う。

僕が好きで聞いてきた音楽、出合った本、人、物、あとNetflex。それを紹介することに専念しよう。
とはいえ、引き出しの中身はだいぶブログの方に移行できた、さて次はどうしようかな、というのはある。過去はいい。これからの未来だ。

ブログの収益ってどうするの?

と書いて、舌の根も乾かぬうちに、お金の話。と言っても使う方だ。ブログの収益が安定してきた。月に1~3万で、波はあるが最低でも月に1万円は確保できそうだ。でも、ここ数カ月、そのお金はふと気付くと無くなっている。盗まれたわけじゃない。使っているのだ。

あれば使う。まだ金銭感覚が高校生だ。これはいかん。どうしようと考え始めた(みんなどうしているのだろう)。

考えた結果、「こいつぁアブク銭だ、すぐ消える。持ってちゃダメだ」となった。

まずは貯金だ、ってことで銀行の金利ってやつを調べたら、0.001%とかそんな感じだ。1万円を1年預けて10円。月に1万で12万円。金利は年間120円。むり~。一回ATM使ったらマイナス!!

さて、どうしよう。ブログ収益どうするのか問題。

でも、逆にこの1万円をどう使うとコンテンツになるのか。

物を買って物を紹介して収益を得て、というサイクルは当たり前、というか僕は欲しいものが無いので、違う方向でちょっとやってみたい。

ということで考えたのは「1万円はどうすれば一番増えるのか?」を検証するコンテンツを始めてみようかなと思っている。

そういう予告です。