夏休みにアマゾンプライムでオススメの3つの日本映画

母の愛に涙する「湯を沸かすほど熱い愛」

見終わったら上着の前が涙でぐっしょり濡れていた。

なぜ宮沢りえ、という女性はここまで人を惹きつけるのか。

その恋愛遍歴を見ると、決して上手く生きていくタイプではない。

でも、その見た目とは裏腹に、ひどく地味で愚直な性格がこの役柄を産んだのだろう。

ストーリーは、銭湯を経営する一家の話だ。

父親が蒸発し、みんなに心配されながら過ごしているが、ある日娘がいじめられていることを知る。

また、同時に自らが末期がんであることを知る。

自分がいなくなってしまう現実を前に、娘に何ができるのか、何を残せるのか。

「はいはい、余命短いパターンね」と思ったら、そんなことどうでも良いぐらい名作だった。

蒸発した父親のオダギリジョーはかっこいいし、探偵役の鶴瓶の息子の駿河太郎は良い味出しているし、娘の杉咲花咲は、本当に最高の演技だと思う。

そして、奇跡のラストシーン。心温まるなんてものじゃない。

この映画の記憶だけで、ずっと幸せに生きているような、そんな素敵な映画だ。

ちなみにこの銭湯は、足利にあり、珍しく見に行ってしまった。

殴り殴られる奇妙な映画「ディストラクション・ベイビーズ」

殴る、ひたすら殴る。理由はない。殴る。

「暴力が服を着たような人間がいたら」

それが「ディストラクション・ベイビーズ」という奇妙な映画のテーマである。

配役はなかなか凄い。主人公のひたすら殴り、殴られる男に柳楽優弥、彼と一緒に行動する若者は菅田将暉、彼らに攫われてしまう女性は小松菜奈、柳楽優弥の弟に村上虹郎、さらには街のチンピラ役として池松壮亮までいる。

これだけのメンツが揃っていれば、さぞかし優れたストーリーを構築できるはずだが、この映画にはストーリーらしきものはあまりない。

若者(柳楽優弥)が島を出て、街にいく。ターゲットを見つけ、ひたすら殴る。それはバンドマンだったり、街のヤクザだったり、当然やり返されるが、痛みなど感じないのか、日を改めて殴りにいく。

それをひたすら見る映画だ。見終わった後は「なんだこれ?」となるが、不思議とずっと残る。

特に話題になった、という話は聞かないが、映画好きなら見ておきたい1本だ。

松田龍平の松たか子のカルテットコンビに痺れる「ジヌよさらば」

阿部サダヲと、松たか子がコンビニを経営する夫婦で、松田龍平はふらりとやってきた若者、松田龍平に美人局をするのが二階堂ふみ。お金アレルギーの若者が、田舎にやってきて溶け込んでいくストーリー。

ストーリーや設定が凄い、というより役者が凄い。

特に松田龍平と松たか子の会話は、「あ〜カルテットだ!」となる。

テンポもよく、会話のキャッチボールも良いし、役者も魅力的。

普通に良作だと思うけど、そこまで話題にならなかったのは、なぜだろう。

いわゆる大作じゃないけど、こういう作品をしっかり評価する人がいないのが悲しいなと思う。

以上、3本が最近アマゾンプライムビデオで見て、あ〜面白かった!となった作品だ。

特に「湯を沸かすほど熱い愛」は、イチオシ。泣きたい日に見て欲しい。

当ブログは「STORK」を使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

78年生まれ。東京在住。タモリと日本語のヒップホップと落語が大好き。俳優では緒川たまきとムロツヨシ、サッカーはFC東京が好きです。最近は息子とファミコンをやるのがマイブーム。