【かんたん!】ビットフライヤーの口座開設の方法を解説します

ビットコインを購入するには、仮想通貨の取引ができるサービスに申し込む必要があります。ここでは大手で信頼度も高く、私も使っている「ビットフライヤー」の口座開設方法について説明します。

 

最初の全体の流れをお伝えすると、以下になります。
1、メールアドレスを登録
2、受信メールからキーワードを入れて本登録
3、名前、住所、銀行口座を登録
4、本人確証をアップ
5、銀行口座に入金

1つずつ丁寧に説明します。

1、無料アカウント作成をクリック

画面の中央にある「メールアドレス」の欄にgmailなどのメールアドレスを入力して、「アカウント作成」をクリックします。

 

2、受信メールのキーワードを入れる

次に自分のメールボックスに行き、届いたメールを開封。そこに書かれているキーワードをコピーして、上のURLをクリックします。

 

3、チェックボックスにチェックを入れる


キーワードを入れると、チェックボックスが出るので確認のうえチェックしてクリックします。

 

4、本人情報を登録

ここで名前、住所を入力します。

 

5、銀行口座を登録

ここで自分の銀行口座を登録します。できるだけ振り込み手数料無料のものを使いましょう。僕は住信SBI銀行で登録しました。

 

6、本人確認資料を提出します


免許などを用意し、スマホを自撮りモードにして、免許を持ち、顔と免許の表面が写るようにして撮影

それをアップロードします。続けて表面、裏面をアップロードします。

 

ちなみに、本人確認は免許以外に、マイナンバーカード、パスポートなどが使えます。

 

7、ビットフライヤーの口座にお金に入金する

ビットフライヤーの口座にお金を入金します。その時のビットコインの値段次第ですが、最低でも1,500円は必要だと思います。ちなみに入金が反映されるまでけっこう時間がかかります。僕は年末年始を挟んだせいか、1週間近く待ちました。。

 

8、登録が完了したらビットコインを購入する

ビットフライヤーには「アカウントグレード」というものがあり、そのランクによって取引できる範囲が異なりますが、

入金まで終わると「エコノミークラス」となり、いよいよ購入・売却が可能になります。

ちなみに「エコノミークラス」は1日の取引量は5万円までとなります。

 

ビットコインをいつ購入するのか。常に値動きがしているので、一番安い時に!と思いますが、

あがったり、さがったりキリが無いので、エイヤと買ってしまうのが良いと思います。

 

買ったら同時にアプリをダウンロードし、あとは気が向いたら値動きをチェックするようにしましょう。

 

多少値下げには一喜一憂せず、自分の中で1000円ぐらい損しても、3000円マイナスになったら、などの「損切りライン」を決めて、

その値段まではマイナスになっても気にしないようにしましょう。

ビットフライヤー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。