おすすめの一冊

 

良い本の定義というのは色々あると思うが、僕の中では「読む前と読んだ後で世界が変わっている」というのがある。

 

それは司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んだ中学校時代に初めて味わ ...

おすすめの一冊

戦前の大正15年から昭和4年まで、東京の街に「説教強盗」が現れた。

説教強盗とは、自分が泥棒に入っておきながら家の人に「戸締まりをしっかりしろ」「犬を飼え」などの説教をしたという。

居ない間に盗まれるのも嫌だけ ...

おすすめの一冊, タモリ

 

2000年に発行された、赤塚不二夫の対談集である。

しかし、これはただの対談集ではない。なぜなら面子がすごいのだ。

まずはタモリを筆頭に松本人志、ビートたけし、立川談志、アラーキーとま ...

おすすめの一冊

泣かせるストーリーの法則というのがある。

 

その鉄板中の鉄板が「過去の肉親、恋人からの手紙」である。

 

特にその人が亡くなっていると、その言葉は重い。