CATEGORY

おすすめ

  • 2018-01-29

いまドキュメンタルでなにが起きているのか

いま人気の千鳥が全裸で漫才をしている。 受けない。誰も笑わない。 打つ手がなくなった時、ノブがションベンをする。 宮迫が笑う。ようやくみんなの顔に笑顔が生まれる。 スマホでこの場面を見ながらオレは戦慄していた。一体何を見ているんだろう。そして、笑いとは何だろうーーー。 オレが見ていたのはアマゾンプラ […]

  • 2018-01-14

2017年に読んだおすすめマンガ25選

2017年は、漫画の年だった。学生時代のように時間があるわけでもないため、これまで話題になっても時間の都合でスルーしていた作品を手に取り、しっかり読んでみた。 久々に読むと名作が目白押しで驚く。何てこった! こりゃ時間がない何て言ってられない。読まなきゃ、と言うことで100作品ほど読んだ。 その中か […]

  • 2018-01-14

ソフトバンクのiPhone6s Plusからmineo(マイネオ)に変えて1カ月経ったので手順と感想を書いてみる

2017年11月にiPhone6sPlusのソフトバンクの分割払いが完了したので、格安SIMに変えることにした。 今回はその手順とmineo(マイネオ)の感想を書いてみたいと思う。 手順は大まかに以下の6つだ。 ここで手順を間違えると、5500円ほど損するので注意が必要だ。 1、格安SIMの業者を選 […]

  • 2017-10-23

ふるさと納税で買って良かったと思うオススメ品はこれだ!

2016年に初めて、ふるさと納税をした。 初めてで色々と仕組みが分からないながらも、とりあえず「やらないと損」らしい、というざっくりした印象を元に購入品をネットで調べて買った。 結論として正解だったものもあれば、後悔したものもある。 そこで今回はふるさと納税で買って良かったもの、ダメだったものをまと […]

  • 2017-08-06

海も!山も!フェスも!街歩きにも使える水陸両方のKEEN「ニューポート ATV サンダル」を1ヵ月使った感想

初めてのフジロックフェスティバルへの参加にあたって購入したアイテムの中で、一番当たりだったのが、KEENのニューポート ATVサンダルだった。 約1ヵ月使ったので早速レビューしてみようと思う。 ATVってなに?どこがすごいのか? KEENには色々な種類があり、迷ってしまうが購入にあたってのポイントは […]

  • 2017-07-18

24時間をより充実させるアイテム5選

「時間が足りない!!」 そう感じることが多くなった。理由はいくつかある。 子どもが生まれた。仕事が忙しい。本も読みたいし、スマホもいじりたいし、Netflixも見たい。 とはいえ、1日は24時間。それを増やすには朝5時に起きる、夜中も起きる、などの選択肢はあるが、生活リズムを考えると、あまり良いやり […]

  • 2017-04-25

30代のメンズが劣化していく肌のためにやったら効果があった10個のこと

もう30代も半ばを過ぎた。気付いたら若者ではなくなった。豆腐が美味い。   そして、鏡で顔を見るとなんだかたるんで毛穴も広がっている。   あぁ、劣化しているなぁ・・・。と諦めていたけど、ふいに見かけたツイッターまとめの美容ページ。きっと30代半ばのメンズ向けじゃないだろうけど、 […]

  • 2017-04-19

なぜ『劇場』は『火花』より難しい小説になったのか?

『火花』で芥川賞を受賞した、又吉直樹の新作『劇場』を読んだ。 面白かった。歴史に残る傑作だと思った。 でも、ツイッターを見ると「難しい」という声が多かった。 又吉はNHKで『劇場』を作る過程をドキュメンタリーで紹介している。 その中で「『火花』を読んだ人から分かりづらい、難しいと言われた。だから、今 […]

  • 2017-03-24

「家族最後の日」(植本一子著)は家族の破壊と再生を描いている

植本一子さんの『家族最後の日』を読んで、マジかと思ったのは、夫のラッパーECDのガンが発覚した後に、ECDも一子さんも「ネタになる」と話し合うシーンだった。   二人とも文筆業もやっている。だからと言って、そういう思考になるのか。ECDが大好きな僕としては、いや奥さんが「ネタって言い方は、 […]

  • 2017-03-23

「笑いのカイブツ」を読んで涙が止まらなかった話

  伝説のハガキ職人ツチヤタカユキのことは、オードリーのラジオの書き起こしを読んで知っていた。   天才とも言われているけど、人間関係が不得手で東京に馴染めずに大坂に帰ったすごい人という認識だった。   存在は気になっていた。こういう人が消えるわけがない、どこかで浮上してくる。どう出てくるのだろう? […]

  • 2017-03-09

「掃除をイベントにしない」マキタの掃除機を使った感想

2017年2月にマキタのコードレス掃除機(CL142FDRFW)を購入した。   あれから1ヵ月が経過したので、その感想を書いてみようと思う。   その前に我が家の状態。 掃除機:小型クリーナーと大型の掃除機の2台使い(小型は汚れてたら、大型は週に1度) 家族構成:夫婦と5歳と1 […]

  • 2017-02-15

コスパ最強!噂の無印良品のパジャマを購入して1週間経ったので感想を書く

僕はこれまで寝る時、適当にTシャツやジャージなどを着ていたが、最近「パジャマは寝るために開発されたものであり、その着心地はケタ違い。着るとぐっすり眠れる」という言葉が頭に残っていたので、急にパジャマが欲しくなり、調べ始めた。   すると、無印良品の「脇に縫い目のない二重ガーゼのパジャマ」の […]

  • 2016-12-05

2016年の良かった本、買ったもの、サービスまとめ

毎年いろいろな人がやっている「今年買って良かったもの」。   これまで読者として見ていたが、今年は僕(37歳男・子ども2人・都内在住のサラリーマン)もブログを始めたので、やってみようと思う。   年間200冊は読んでいるので、まずは本を中心にまとめてみた。   今年読ん […]

  • 2016-12-01

吉田篤弘を全部読んだ僕がおすすめする名作小説ベスト10

ストーリー展開の上手さと、ずっと物語の世界に浸りたくなるような、世界の立ち上げ方が魅力的な小説家・吉田 篤弘さん。 ゆっくりと飲むコーヒー、古本屋、町の洋食屋、ラジオから聞こえる女性の静かな声、お客が少ない映画館、自転車。これらは吉田作品によく登場するモチーフだ。 そんなモチーフの数々に思わず、反応 […]

  • 2016-11-25

1万円以下で揃う!疲れない革靴と最強中敷き(インソール)の組み合わせがおすすめ過ぎる!

仕事がスーツなので、革靴を履いている。   営業ではないが、打ち合わせで外出したり、昼休みにけっこう遠くまで散歩するので、1日かなり歩く方だ。そんな時、革靴だとすぐ疲れてしまう。   それを解決するために、ある時から靴はブランドや見た目よりも実用性で選ぶようになった。何足か歩きや […]

  • 2016-11-08

レコ大審査員が語る芸能史の裏側がそそる~「相倉久人にきく昭和歌謡史」

  「ノリコは、、、だから」と松田聖子が本番中に本名を言ってしまい、舌を出した。もう何年も芸能界にいるのに、本名なんて間違えるはずがない。   それに対して本書の中で相倉さんは「だから絶対に計算してるんですよ」と話したうえで、以下のように松田聖子というアイドルの本質を語った。 「 […]

  • 2016-11-08

そこにあるのは本好きの桃源郷だった~『昔日の客』

気が付くと、電車の中で本を読んでいる人を見かけなくなった。本好きとしてはさびしい限りだ。   減ってるな、とは思っていたが、今は逆に読んでいる人を見ると「お、本読んでる」と驚くほど、珍しい存在になってしまった。   もともと文章があって、それを人に読ませる時に便利だってことで紙が […]

  • 2016-11-07

『断片的なものの社会学』~「こんなはずじゃなかった」日常を生き続ける

  また名著に出合ってしまった。『断片的なものの社会学』だ。   2016年は「かなわない」、「相倉久人に聞く昭和歌謡史」も凄かったが、それに続いて、当たりの本だった。素晴らしい。   じゃあ、何が素晴らしいんだろう。これが上手く説明できない。それはタイトルの通り、この […]

  • 2016-11-02

ケンタロウが「男子ごはん」でつくった「カニ鍋」がおすすめ!

冬の寒さが身にしみる頃、一気に鍋率が増えてくる。   友人を呼んで鍋パーティーをやる時もある。そんな時は、ちょっとスペシャル感があって、それでいて、美味しい鍋を食べたいものだ。   そういう時に僕はかつて「男子ごはん」でケンタロウが作った「カニ豚チゲ鍋」をつくる。これが簡単で、し […]

  • 2016-11-02

1歳の息子は美意識高い系赤ちゃんなのか?

先日、嫁が僕に内緒で美容器具を買った。 色々なところのたるみをキュっとする器具だ。2万5000円もする、という。 なんでそんな高いものを!という怒りがあったが、それよりも「せっかくあるなら」という気持ちがだんだん強くなってきて、数日経って嫁がいないすきに試してみた。 コリコリと3分ぐらいやってみてか […]

  • 2016-11-01

子育て中のパパ、ママにJinsの眼鏡をおすすめする、たった一つの理由

うちには1歳と4歳の二人の息子がいる。彼らが大好きなのは僕の眼鏡を奪うことだ。   なぜだろう。長男が1歳過ぎた頃から僕の眼鏡を奪うのが好きで、いま1歳の次男も抱きかかえると、眼鏡を奪い取る。   たぶん「やめろ~」とか「かえせ~!」と言う、僕がリアクションが大きいから楽しいのか […]

  • 2016-10-19

童貞だから賢治の名作は生まれたのか?~「童貞としての宮沢賢治」

宮沢賢治の評伝を読んでいたら「生涯童貞だった」という一文が目についた。 ちょうどその前に『ルポ中年童貞』を読んで、童貞をこじらす危険性に震えていた後だったので、なんだか気になって調べてみたら『童貞としての宮沢賢治』という本が見つかった。 大学教授の押野武志さんという方が、童貞と創作について、かなりマ […]

  • 2016-09-05

2016年にもっとも衝撃を受けた本『かなわない』(植本一子)が凄すぎたので感想を書いてみる

  2015年にもっとも衝撃を受けた作品は『火花』であり、2016年は『かなわない』だった。火花に匹敵する作品だと思う。土俵が違うかもしれないけど、それぐらいすごい本だった。   たぶん、僕にはこの本の魅力を全部伝えるだけの文章力は無いと思う。とにかくオススメです、としか言いよう […]

  • 2016-08-22

生まれてきてすいません・・・と書いた太宰治の生涯とは?

金持ちの家に育った太宰は、左翼学生として活動するうちにあることに気付く。 「革命はまさに僕たちを倒さんが為のものなんだ」(「学生群」より)。 それは現代でいえば「公務員はけしからん」と言いあう組織に所属しながら、家が公務員一家みたいなもので、後ろめたさが付きまといながら、言いだせない弱さ。さらに、そ […]