スポンサーリンク

印税的ブログライフのススメ

books-918521_960_720

ブログを日常的に書くようになって、半年以上が経過しました。

書き始めた頃は、どうすればPVが伸びるのか、どうすれば収益が増えるのかばかりを考えて、色々とノウハウ記事を読んできましたが、それらを経て、辿り着いたのが「ブログを印税だと思う」という考え方でした。

ブログの考え方は実は3つある

現在、ブログ界隈にはいくつか考え方があり、それらが混在してしまっています。

1、毎日更新しましょう。そうすればいつかPVも収益も増えます。

これは合っていると思います。ブログに広告を出稿する側も更新しないブログよりは、更新頻度が多い方が良いので、質で勝負出来ない人は数で勝負する、という考え方も間違えではないと思います。現在、この意見が一番多いです。毎日更新。まずは100記事。

でも、辛くないですか?そんなに書くことないですし。収益のために書くって言ったって、月の収益が5000円以下の人が90%というデータもあるように、薄い記事を量産したってそんなに収入増えないです。10%を目指してがんばるのも手ですが、精神的に辛いのはやめた方がいいと思います。

・質の高いものを書きましょう
これは正しいなと思います。うん、その通り。質が高いというのは、読んだ人の役に立つこと。誰かの日々の生活を豊かにすること、新たな発見があること。色々な言い方はあるけど、それは正しいけど、みんなにできますか?と思う。才能とまではいかないけど、それなりの能力が求められると思う。こういうのが出来る人は、きっと仕事が出来る人。仕事で自己実現できてないから、ブログに来ているのに、こっちを求めるのもちょっと辛いですよね。

ということで、3つ目の考え方。

・自分が好きなものを人に紹介しましょう

これが一番ストレスがなく、楽しいのかなと思います。せっかくウェブの世界に来て、誰にも指示されてないのに、なんで「収益」とか、「PV」のために記事を書くんですかね。

それよりも、イチ読み手として求めているのは、その対象のことが好きな人が調べに調べて書いた濃い内容。それでPVを集めて、収益を得る方がよっぽど気持ちいいと思います。

ポイントは、いかに客観的に紹介するかだと思います。

海外ドラマが好きなら、それをせっせとまとめればいいですし、アニメが好きなら、その作品の背景から、全部調べて魅力を紹介する。

これの良いところは、好きなもの調べるのは苦にならないことです。図書館や古本屋で情報を集めれば、それなり濃いものになります。

収益を追い求めるのは、間違えではないけど、ミニマリストとかと一緒で、苦行系な部分があるので、もう少しユルイブログの続け方が残っていてもいいんじゃないかと思います。

あと、実生活以外の楽しい表現の場を求めて、ブログに辿り着いて、そこで「縛り」があるなんて、バカな話です。

そんなこと言っても「お金は欲しい」。その気持ちは分かります。僕も欲しいです。

お金が欲しい人は、テーマ選びを変えましょう。極端な話、高いものの話題をすればよいのです。コンビニのお菓子の話題と、車の性能の話題では、表示される広告も違います。墓とか住宅ローンとか保険とかサプリメントとか、より単価の高いものを話題にすればよいです。

そういう意味で、一番高いのは、不動産とクレジットカードです。クリック単価がケタ違いですから。

そっちに専念しましょう。それが嫌だ、と言う人のために書き続けます。

印税的ブログライフとは?

僕の周りにいるライターなどは、よく「印税は良い」「印税大好き」と言います。たとえ小額でもたまに振り込まれると嬉しいと。

チェッカーズの鶴久さんは、働かなくても毎年スポーツカーが買えるぐらい収入があると言いますが、それもカラオケで誰かが歌って1曲10円とかの積み重ねが大きいと言います。それってブログの収益っぽいですよね。

僕も働かないで、印税生活がしたいです。でも、そんな才能は無いです。

では、ブログの収益を印税と考えればどうでしょう。

好きな人や物のことを書いて、それを作品と呼べるレベルまで落とし込み、それが月に500円でも、年間6000円入ると思えば悪くないのではないでしょうか。

こないだ聞いた話だと、賞もらった批評家が、10年たってようやく本を出して印税10万円とか、リアルな方はそんな世界です。

よくリノというラッパーがライブで「0から1を生みだすやつにリスペクトを」と言いますが、お金が入ってこない状態から、入ってくる状態になった。

0を1に変えたことに価値があると思えば、考え方もシンプルになるのではないでしょうか。

収益じゃなくて「印税」。言葉遊びのようですが、アフィリエイターとブロガーが違うように、ブロガーと印税を手にしたい人を分けてもいいかもと思います。

印税ですよ、印税。それなら100円でも嬉しいですよね。響きが違う。

まとめ

・自分の大好きなことを調べて、人に丁寧に紹介するつもりで「作品」を書こう
・毎日書かなくていい。書きたくないテーマも書かなくていい。濃いものを意識して、がっつり書く。
・ブログ収益は印税だと思う。

まぁ印税でも多い方が嬉しいんで、がんばっちゃうと思いますが、とりあえず、選択肢の一つ、考え方の一つとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

なお、文章については、とりあえず以下の本がいま世に出ている本では一番だと思いますので、この辺で勉強すれば良いかと思います。