ケンタロウが「男子ごはん」でつくった「カニ鍋」がおすすめ!

a0002_006650

冬の寒さが身にしみる頃、一気に鍋率が増えてくる。

 

友人を呼んで鍋パーティーをやる時もある。そんな時は、ちょっとスペシャル感があって、それでいて、美味しい鍋を食べたいものだ。

 

そういう時に僕はかつて「男子ごはん」でケンタロウが作った「カニ豚チゲ鍋」をつくる。これが簡単で、しかも確実に美味いのだ!

 

この冬への備忘録も兼ねて、材料と作り方を書いてみようと思う。

 

材料と作り方

材料(4人前)

・カニ 1パック(約400〜450g)
・豚バラ薄切り肉 200g
・厚揚げ 1個
・ごぼう 20㎝
・セリ 1束
・ニラ 1束
・長ネギ 1本
・にんにく 3片
・しょうが 1片
・ごま油 大さじ2
・キムチ 400g
・みそ 適宜
その他、ラー油、白いりごまを各適宜

作り方

1、カニを解凍して専用の器具(カニの身をとるスプーンみたいなやつ)を使って殻から身を外す。この時に必ず殻をとっておくのがポイント。

 

2、オーブンを250℃に温めて、カニの殻を並べオーブンに入れて10〜15分ほどこんがりと焼く。オーブンが無い人はトースターでも可。とにかく軽く焦げるぐらいに焼く(焼き過ぎると細かく砕けるので中をたまに見る。焦げたにおいがしたらオッケー)。

 

3、それぞれの材料の切り方は以下の通り。
豚肉:一口大
厚揚げ:食べやすい大きさ
ごぼう:ピーラーでささがきにして酢水に3分
セリ:根元を切り落としてから5㎝の長さに
ニラ:根元を切って5㎝長さに
長ネギ:斜め切り
にんにく、しょうが:みじん切り

 

4、土鍋を熱してごま油を敷いて、にんにく、しょうがを弱火で炒める。色が変わって次第に香りが出てきたら次に長ネギと豚肉を半分加えて強火で炒める。

 

5、水を鍋8分目まで加え、カニの殻、キムチを半分、ごぼうを入れる。沸騰したら火を弱めてアクを取る。ここで40分ほど煮る。

 

6、厚揚げを加えたら、次にカニの身を入れて、みそを溶く。残りの豚肉を加え、肉の色が変わったらセリ、ニラ、残りのキムチを加えてひと煮する。

 

7、仕上げに白いりごま、ラー油、ごま油を入れて出来上がり!

 

締めは、雑炊でも良いが、オススメは乾麵。味がしみ込んだ柔らかめが美味だ。

 

ちなみに、カニはいつも以下で購入してる。やはり北海道直送は味もボリュームもばっちり。せっかくならカニにはこだわった方がいいと思う。



こちらも忘れずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。