スポンサーリンク

桜の記事で開始2ヵ月で8万PVを集めた話

PAK93_aozoraninobirusakura20140405_TP_V

始まりは一個のリツイートだった

寝て起きたらリアルタイムのアクセスが「359」となっていた。
普段は「2」ぐらいなので、異常な状態だった。

何があったんだろうと思いだしたら、夜寝る前に、僕が自分の記事「『毎年4、5人は死んでたよ』小金井桜の戦前の花見を知る人物が衝撃の告白」を紹介してくれた人のつぶやきをリツイートしたことだった。

最初の1ヵ月間のPVは3,500だった。1日100ちょいである。

そんなブログに人が大勢訪れていた。ふだんが人の少ない状況なので、感覚的には「人が押し寄せている」ような感じだった。何が起きているんだろう。

とりあえずグーグルアナリティクスを見てみることにした。

フェイスブックとツイッターで拡散されまくっている

その日は何度見ても3ケタの人がきている。ツイッターでリツイートされまくる。ホットエントリ―に入る。グノシーに入る。人が来ると起こる、いつもの現象が起きていたが、とにかく強かったのが、ツイッターとフェイスブックだった。

さらに降り注ぐシャワーのように、別の記事も読まれてPVが増え続ける。1週間ほどで終息した時には、1つの記事で約8万のPVが集まっていた。アドセンスの収益もピークの1日だけで福沢さん1人分に達していた。さらに別の記事の本も次々と売れていく。

それも桜の季節の終わりとともに消えて、いつもの日常に戻った。

「桜記事の一発屋」。そんな言葉を思い浮かべるが、一発当てただけでも面白いので、色々と結果を分析してみようと思う。

勝者が勝つ仕組みになっている

まずは収益の話。クリック単価をどうやってあげるのか、という方法は色々とある。

例えば、不動産やクレジットカードは、クリック単価が高い。逆に単価が低い話題もある。アドセンスは、内容に合わせて広告が表示されるので、クリック単価が高い話題(住宅ローンの話とか)を書けば、とうぜん収益も増える。

もうひとつ。これは嵐の前と後を見ていて思ったのだが、人が殺到するブログはクリック単価もあがる。

たとえば、自分が10万円で広告を出した場合、「1日100人が訪れるブログ」と「1日1万人が訪れるブログ」のどちらに広告を出したいのかを考えれば、よくわかるだろう。

みんな人が来るブログに出したい、だからこそ人が集まっていれば、自然とクリック単価も上がるのだ。

さらに独自ドメインのランクもどんどんあがっていく。

3月8日のドメイン取得から6日後のランクは19,890,671だった。これが桜記事でアクセスが増えたおかげで、4月21日には665,375までランクアップしている。

ランクアップの効果かは分からないが、検索上位で表示される記事が増えていた。

数字を分析したら分かった意外なこと

この桜の記事に来ている人の内訳を見たところ、Twitterが約2万4000人、Facebookが2万1000人、はてなブックマークが約6300と、圧倒的にTwitterとFacebookが多いことが分かる。

ちなみに、はてブは、467ついているから決して少ないわけではない。それでもTwitterとFacebookが多いのはなぜなのか?

その答えは、TwitterとFacebookの画面を見ると分かる。花見の時期といえば、Facebookに「○○さんと花見~」などの写真が並ぶ。感覚的にはクリスマスよりも花見の時期の方が花見がらみの投稿が多いように思う。

そこの隙間に「昔は花見で人が死んだよ」というネタをあげたとしたら、普通に話題になるだろうし、拡散したくなるだろう。

つまり、TwitterとFacebookしたくなる話題だったのだ。

もちろん、たまたまである。でも、偶然を必然に変える法則がここには潜んでいるように思う。

さらにこの桜記事の面白いところは、海外からの来訪者も多いことである。アメリカを中心にアジア全域におよんでいる。これは日本の桜人気が世界に広まっていることと関係があるのかもしれない(あんな内容だけど)。

まとめと次のホームランの打ち方を考える

改めて、今回起きたこと、そして教訓をまとめる。

1、ブログやっている人はツイッターやっておいた方がいい。
2、「記事をアップしました」より自分の記事のリツイートの方が人は読んでくれる。
3、TwitterとFacebookによく上がる季節イベントネタを1ヵ月ぐらい前に仕込むといいかも。
4、とにかくアクセスが増えれば、色々なものがくっついてくる。特に収益が。このブログの世界は勝者が、より得をするようにできている。
5、桜ネタは世界中で需要がある。
6、「保育園落ちた、日本死ね」のように「死」というワードはやはり強いらしい。

という感じかと思う。

具体的には、いまやTwitterとFacebookで拡散されまくるハロウィンに狙いを定めて「本当は怖いハロウィンの真実」などのハロウィンネタを1ヵ月前に仕込むとか、そういうことをすればいいのではと思う。

それにしても、僕はこのまま一発屋で終わるのか。それとも二発目があるのか。。それが気になるところだ。

あ、そういえば、昨日ニュースに出ていた諏訪の御柱祭。僕が行った時にも亡くなった人がいたような、、、。

ちなみにブログ運営にあたって本として読んだのはこれぐらい。これは知っておきたい知識が載ってて内容も分かりやすいと思う。