スポンサーリンク

バーで風俗店のスカウトマンに会った話

foodiesfeed.com_bar-restaurant-interior_low-660x440

この日、僕は馴染みの下北沢のバーに立ち寄った。

いつものようにマスターに挨拶すると、彼がすぐに声をかけてきた。

「この人、風俗店のスカウトマン。いつも駅前でテッシュ配っている人」と一人の男を紹介された。

そこにいたのは丸顔で、年齢は30代半ば。くたびれたグレーのスーツが一筋縄ではない人生を感じさせた。

僕は紹介された流れで彼と話をすることになった。

彼の隣には店長がいて、かなり酔っぱらったまま偉そうに何か隣の客に話している。

「ごめんね~店長うるさくて」と言いながら隣に座った彼は、頼りになりそうな印象を受けた。前歯が一本無いのが、少し気になったが。

女の子は少しでも自分を分かってくれたと思えば心を開く

―どうも、はじめまして 。風俗店の店員って聞きましたけど、具体的に何やってんですか?「うちは風俗店。大変だよ~。街でスカウトした子を、その日に口でやってもらうところまでやらなきゃいけないんだから」

―えっ、まじですか
「そうだよ、うちはパブってことでスカウトして、個室に呼んで色々と話をしながらそこまでもっていくの」

―それはどうやってですか?
「その女の子によって違うからな~。ひたすら容姿を褒める時もあるし、叱る時もあるし、時には目を濡らすことも必要だし」

―目を濡らす?
「たいていスカウトについてくる子は話を聞いて欲しがっているから、その子の話を聞いて涙を流してあげることも必要だって意味。女の子は相手が自分を少しでも分かってくれたってだけで、心を開くもの。そうすればどうにでもなる」

―ちなみに、どういう子が多いんですか?
「う~ん、これは言っていいのか分からないけど、知能指数的にぎりぎりの子も意外と多いよ。自分が何をしているのか分かってないような。 実際はそういう子も多い。それでも基本的な受け答えができればオッケーにしているんだよね」

―お店に呼んでから入店まではみんな上手くいくんですか?
「いや、始めにちゃんと店のことを説明して、その時点で『だったら、結構です』って帰る子もいるし。無理矢理っていうことはしない。それはやばいからね」

―割合でいうとどれくらい残りますか?
「4割ぐらいだね、ただまぁ触るところまでいっちゃえば、こっちのもんだからね」

―なんでそこまでいけるんですか?
「それは経験だね。俺も22からこの世界にいるからね」

―そもそもどういう経緯でその世界に入ったんですか?
「最初は普通にサラリーマンやってたの。出身が長崎でうちは母子家庭だったからお金の余裕もないし、大学行くよりも就職だろうと、工業系の高校入って、ある車関係の工場に就職したんだけど、残業が月100時間。それを2年間。給料は12万ぐらい。残業代もある程度以上はカットされる。18歳の男がそんなの耐えられるわけないじゃん。それで辞めて付き合った女の紹介で名古屋のお店に入ったのよ」

―それは何のお店ですか?
「ホスト。それを2年間ぐらいやって、そこで儲けたお金で新宿に友達と共同出資でお店を出したの。それが91年だから、バブルの後」

―それは儲かったんですか?
「あの頃は毎晩、銀座に行って飲みまくってたからね」

―なんで儲かったんですか?
「それはやっぱり女の子の質が良かったからだろうね。全部俺がスカウトした子だよ」

―そもそもスカウトってダメ元でやるんですか?
「いや、それだとダメ。『絶対に落とす』と自分を信じ込ませないと」

―なるほど、それでそのお店はどうなったんですか?
「それがさ、共同出資のやつがお金持ち逃げしちゃって、女の子がその時、28人いたんだけど、俺が借金してその女の子に30万ずつあげてさ。『悪かったね、次の店見つかるまでこれ使って』って」

―へ~偉いですね
「いや、あの子たちは被害者だからさ」

―それで、その借金は?
「もろもろで結局2千万以上あったけど3年で返したよ。昼も夜も働いて返したよ。だから今は300万ぐらいは借金だと思わないね」

―その後は?
「色々あって銀座のキャバクラを任されることになったんだよね。その店はすごい潰れかけのお店で、俺が初めて行った時は、ガングロの子が2人いるだけ。とにかく色の白い子をスカウトして20人ぐらい入れたかな」

―それでその店は?
「だめだった。なんでだろうね。たぶん銀座っていう街と合わなかったんだろうね。それで長崎に帰ってくすぶっていた所を高円寺の店に呼ばれていって、その後に、今の店に移ったってわけ」

―そんな生き方をしていると女性観って全く違うんじゃないんですか?
「女はティッシュ。使い捨てだね。お店でもそう教わってきたし。もちろん付き合う女の子は別だよ。でも店で扱う子はそう」

―そんな感覚なんですね・・・。ちなみに今は彼女いるんですか?

「いるよ。こないだ遅くなって帰ったからやべぇと思って、ケーキとビールをおみやげに持って帰ったら、ズボン脱がされてチェックされた」

―浮気してないかですか?
「そうそう。両手におみやげ持ったまま。今の彼女には風俗店で働いているって言ってないから、喫茶店で働いているってことになってる」

―そうなんですか
「(沈黙の後で)明日も二人面接だ。こないださぁ、すごいかわいい子がいてさ。ここ2年ぐらいで一番かわいいんじゃないかな。その子が友達と来てて、ユニフォームも着てたんだけど、その友達の子がちょっと太めだったから、サイズがなくてそれで帰っちゃった

―へ~。残念でしたね

「俺さぁ、押し倒そうかと思ったもん。その子の人生をめちゃめちゃにしてやりたかったね。これまでも『あなたのせいで人生が壊れた』って言って包丁持ってきて俺を殺そうとした子もいたし、東大生の子もいたな。その子は学校辞めちゃった。一度『これだけお金が入るんだ』と思うと、ずっとやっちゃうんだろうね」

その後、店長が酔っぱらって手に負えなくなったため、「また会おうね」と私に言うとそのまま二人で帰っていった。

こうして貴重な会話は終わった。

話の途中で気になったのが、腕時計の見る仕草だった。

やけに神経質に見るその動きが気になった。まともそうに見えたが、その動きからは精神的に少し病んでいることを感じさせた。やはりああいう職業を長くやると、どこかしら病んでしまうのだろうか――。