2018年は何で資産運用すべきなのか

2017年は色々な資産運用に挑戦してみた。具体的には以下の4つだ。

・WealthNavi(ロボアドバイザーによる資産運用)
・ビットコイン(買って放置)
・投資信託(毎月積立)
・積立FX

これらを1年続けた感想と、それを踏まえて2018年は何に投資すべきかを書いてみようと思う。

■基本は放置できるもの

投資、資産運用といえば、金を持っている人がやっているもの、あるいは一日中画面を見つめ、儲けたり、損をしたりするもの、というイメージがあるかもしれない。

でも、それはイメージであって、いまのリアルではない。
銀行に預けるようにお金を入金して放置しておくだけでお金を増やす方法が今ならたくさんある。
そんな中で
・時間をかけたくない
・めんどくさいのはイヤ
・とりあえずお金が増えれば良い

という僕が選んだのが上記の4つだ。それぞれ一つずつ解説してみる。

■WealthNavi

最初にいくつか質問されて、その答えを元に投資先を決定する、というロボアドバイザーによる資産運用は、すでに複数の会社が採り入れている。

その中でもっとも評価が高いのが、世界の富裕層レベルの運用をしているWealthNavi(ウェルスナビ)だ。僕はこれしかやってないが、他のブログなどの数字の推移などを見ても、楽天の楽ラップなどに比べて一番勝率が良いみたいだ。

始めるのは簡単だが、最初に10万円が必要になる。このハードルさえクリアできれば、ウェルスナビは楽だ。

でも、1年ぐらいやった感想は、なぜか2万ぐらいすぐ増えるけど、その先が増えない、というもの。半年ぐらいしてから方針を転換して、2万円増えたら出金する、という方法にしたところ、お金が減ったらまた2万円ぐらい増えてた。なので植物を刈り取るように伸びたら出すようにしている。とりあえず、手間は無いし、見たらお金増えているので安定している。

あとこのサービスの良いところは、海外を中心に投資しているところ。五輪後の不景気に備えて、いまのうちにお金を投資先を逃がしておくのは正解だと思う。



 

■ビットコイン

これは2017年一番結果を出した資産運用だった。普通に投資したお金が20倍になった。

基本的には
1、取引所に登録
2、お金を銀行から取引所に入金
3、ビットコインを購入
4、値動きを見てる

これだけ。取引所は最大手のビットフライヤーを使っているが、アプリがあって、それを起動すると値段が出るので、それでとりあえず毎日値動きだけチェックしているが、基本放置。ちょこちょこ売ったりはしていない。

よくブロックチェーンうんぬん、とかいうけど、そんなの無視。電子レンジがどうやってお弁当を温めるかなんて知らなくても使えるように、必ずしも仕組みを理解する必要はない。

「どうやら儲かるらしいからとりあえず買う」という姿勢で良いと思う。

ただ、必ず余剰資産でやること。もちろん1万円より100万円買った方が儲かるけど、リスクも高い。これは全財産ぶっこむ物ではない、ただの「課金型育てゲーム」みたいなもの。

あとは「暴落!」って言葉をニュースでよく見るが、去年の経験則でいうと値段は戻るので、暴落の時は急いで買った方が良い。先日200万円が140万円まで下がった時に、大騒ぎになったが、今は200万円の戻っている。でも、それは誰もニュースにしない。ただ値動きが激しい時は全取引所が一時的に取引停止になるのでそれだけが困る。

また、ビットコインと、それ以外のコイン(アルトコイン、草コイン)があって、どちらに投資すべきか、という意見もあるが、答えは「どっちも」である。ただアルトコインは値動きが激しい分、2倍、3倍になる可能性は高い。そのため、予算が少ないならアルトコインで短期で狙った方が良いだろう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■投資信託

資産運用の代表格が「投資信託」である。なんだか複雑そうだが、ようやく仕組みがわかった。

競馬で言えば、任天堂など特定の株を買うのを「単勝」と考えると、投資信託は「枠連」みたいなものである。

とうぜん単勝の方が当たれば大きいがリスクが高い、それに対して投資信託は、儲けは小さいがリスクも少ない。

やり方は簡単で
1、楽天証券かSBI証券の口座に申し込む
2、お金を入金する
3、投資信託を選ぶ
4、毎月の積立額を決める

以上の4つで完結する。なぜ楽天証券とSBI証券か、それはネットで完結して、手数料が安いから。

両方使ったが、SBI銀行を使っていれば、SBI証券の方が使い勝手は良いと思う。「ハイブリット口座」というものがあり、そこに振り分けるだけで、SBI銀行でも、SBI証券でも使うことができるのだ。そのため、10万円をSBI銀行に入れて、3万円をそちらにネット上で移動するだけで入金が完了する。

問題は3の投資信託を選ぶ、である。もう選ぶ量は膨大である。中国やインドが伸びてるし、AI企業への投資なんて伸びそうである。

そういう選択肢はたくさんあるが、僕は「ひふみプラス」一択で良いと思う。この投資信託は、ちょっと変わっていて、投資先は日本の企業だが、会社を訪問し、良い社長だな、伸びそうだな、という会社にだけ投資している。それがぴたり、ぴたりと当たる結果、販売金額、積立件数ともにSBI証券でずっと1位を獲得している。

とりあえず、僕は年間で28%、5万増えたので、こいつは信用できるぞ、と思っている。ちなみに安定していて評価の高い「大和-iFree 8資産バランス」が9.78%なので、28%という数字がどれだけ飛びぬけているかわかると思う。迷ったら「ひふみ」で良いと思う。

あと、こちらのポイントは毎月積み立てること。値動きなんて見てたらいつ買うか決められないので、給料が入ったら月に2万円ずつ追加するようにしている。

とはいえ、こちらは日本株中心なので、五輪後の不景気の前にはやめないとと思っている。

・積立FX

これは外貨を1日100円ずつ積み立てるというもの。FXは値動きが激しく、前に十万円単位で損したことがあるので敬遠していたが、積立なら高い時に買っても、安い時に買うこともあって、トータルでリスク分散ができるから良いかな、と思ってやってみた。

結果として、僕には合わなかった。タイミングもあるが、1日300円ぐらいをドルやポンドなどに振り分けて買ってお金を増やすのだが、やっぱり値動きが激しく、儲けたり、減ったりが多すぎる。右肩上がり感が無いのだ。

そのうちこれって意味あるのかな、と止めてしまった。とはいえ「積立」で外貨を買う、という方法は魅力的だし、新たにAIでFXをやる、なんて会社も出てきているので、僕の理想である「少子化で沈む日本でも、景気の良い海外の恩恵を受けつつ、日本で暮らす」という方針を考えると、外貨で利益を得る方法は今年も模索していきたいと思う。

結局、2018年は何で資産運用すべきか

例えば20万円あります、投資したいです、という状況だったら、2017年の結果を見る限り、ビットコインに全額だと思う。

2017年1月時点に、その決断をすれば今頃400万円ぐらいになっている。だいたい20倍になったので。

でも、投資の基本は「卵を同じザルに載せない」である。なぜなら落としたら全部割れるから。

つまり、分散投資が基本。そう考えると、

10万円をウェルスナビ、10万円をビットコイン、あとは毎月、ひふみプラスに積み立てる、がベストだと思う。

放置で増えるウェルスナビは魅力的だし、アメリカ経済はトランプのリスクはあるが、常に新しいサービスを生み続けており、やはり強い。その恩恵は受けておきたい。

あとは「新たなビットコインを探す」努力が必要だと思う。

儲かる方法は常に「グレーゾーン」にある。「よく分からない」「あぶなそう」と思っても、新しい資産運用が出たら、まず乗っかってみる。1万円入金してみる。消えたら勉強代、増えたらラッキー。そういう姿勢がいまの時代には必要だと思う。

また、大きな戦略として、
・五輪までは景気は良い。五輪後に不況が来る
・日本は少子化で景気低迷、アメリカ、中国が勝つ
というのは確実な未来なので、それをベースに考えるべきだと思う。

つまり、日本株は2018、2019年は伸びるが、五輪前に移動すべき。五輪前が直前なのか、2019年の秋から来るのか、その見極めが肝心だと思う。

ということで、今年はまだ景気が良い一年だと思うので、今のうちに上手な資産運用をしておくのがベターだろう。

当ブログは「STORK」を使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

78年生まれ。東京在住。タモリと日本語のヒップホップと落語が大好き。俳優では緒川たまきとムロツヨシ、サッカーはFC東京が好きです。最近は息子とファミコンをやるのがマイブーム。