スポンサーリンク

ハマる人続出の「スレンジャー・シングス」に隠された2つの法則とは?

20160730230930

ある小さな町で少年が行方不明になった。彼はどこに行ったのか? 仲良しの友達たちが、彼の行方を追っているうちに、森で女の子に出会う。実は彼女は超能力者だった。

そんなベタベタとも言えるSFドラマ「スレンジャーシングス」がおもしろい! 久々に朝までノンストップで見てしまった。

寝てない勢いのまま、その感想を書いてみようと思う。

三方向から真相に迫るドキドキの展開

小学校高学年ぐらいの仲良し4人組の一人、ウィルが失踪した。

いつものように手を振って帰ったのに、ウィルは家に帰ってない。残る3人は親に「家にいなさい」と言われても、それを無視して彼の行方を追い始める。

同時にウィルの母親も息子の行方を探し始めた。母親は街の警察署長と一緒に少年の行方を求めて街へ出ていく。

さらに、ウィルの兄も母親とは別に単独行動で弟を探し始めた。

このA(少年たち)、B(母親、所長)、C(おにいちゃん)の3者が並行して物語が展開していく。

その全体像を知っているのは、視聴者である我々だけなのである。

やがて辿り着く「ウィルは見えないけど居る」という禅問答のような結論。

こんなの誰も信じないとみんな思う。当然だ。

もっと証拠をつかもうとそれぞれが動く。

でも、見ている方は「早く言って、みんなで協力して!」となるが、なかなかそうならない。

この「志村うしろ、うしろ」のような感じがイライラしつつ、見てしまうのだ。

志村が振り向いた時の爽快感は格別!

Aの物語は、グーニーズやスタンドバイミーのような、少年たちのストーリーだ。仲良しグループに女の子が加わる、やがてケンカし、和解する、そしてピンチ到来。手に汗握る展開だ。

Bの物語は、酸いも甘い味わった大人の話だ。母親は離婚をしており、警察署長は、かつて娘を病気で失って、嫁との関係が壊れてしまった(離婚したと明確には描いてないがたぶんそう)。

ステキな家族という理想を目指したのに、それが手の平からこぼれ落ちた二人が「今度こそ」と力を合わせる。アメリカ人が好きなどん底からの復活物語だ。

そして、Cのお兄ちゃんの物語は、恋愛学園物に仕上がっている。学校でイケてない兄が、学園一の優秀な女の子の友達が失踪したことをきっかけに、距離が急接近。どうやら彼女の友達と、ウィルは同じ場所に閉じ込められているらしい、という事が判明すると、二人で探しに行くことになった。

こうして、少年たちのストーリー、失われた大人が何かを取り戻す話、学園もの、という3つの物語が、カバンから取り出したイヤホンのように絡み合い進んでいく。

そして、最後にみんなが力を合わせて動いた時の気持ち良さは、爽快感いっぱい。

最後まで見て良かった~と心から感じられる作品に仕上がっている。

物語の面白の鍵を握る2つの法則

人間には「関係ない二つのものが、最後に結び付くと感心する」という心理がある。

「●●とかけまして、●●と解きます、その心は●●です」という謎かけで、思わず人が「お~」と言ってしまう、のが一番分かりやすい。

例えば、僕は残業が多い人は結婚もできないと思っている。それは両方とも本質的に区切りなんて無く、「この辺で」と決めるのは自分次第だからだ。

つまり、仕事の終わりを決めれない人は、付き合いから結婚への区切りも決められないだろう、という考え方だ。

この考え方が合っているか分からないが、周りに話すと、けっこう「あ~そうかも」といわれる事が多い。

そして、もうひとつの法則が、適度なストレスが合った方が爽快感に繋がる、という法則だ。

喉がカラカラの時のビールが一番美味しいように、このドラマでは、謎が解明されつつも、共有がされない状態が続く。視聴者にとってはそれがストレスになる。

兄が「こんな話しても母親は信じないよ」と言っても、実は母親はすでにそれを知っているため、視聴者は「いや、信じるから!」と突っ込みを入れてしまう。

謎解き自体はどんどん核心に近づくから、それなりにストレスは解消されるけど、大きな括りでのストレスはずっと残されている。このドラマでは視聴者が一番情報を持っており、みんなが互いの動向を知らないまま、物語が展開するのだ。

まさに「志村うしろ、うしろ」の法則である。子どもがどんなに大きな声を出しても、志村けんは振り向かない。なぜなら、それこそが志村の狙いだからである。

この2つの法則を駆使したことで、「ストレンジャー・シングス」は久々に朝まで一気見してしまう、名作に仕上がっているのだ。
それにしても、この作品もまたNetflixオリジナルである。過去に「火花」があまりに素晴らしかったので全力で感想を書いてみる、と『ゲットダウン』を10倍楽しむために知っておきたいことを書いたが、今回も名作だ。今のところ、ハズレはない。

ラインナップではhuluより少ないNetflixではオリジナルの製作力では圧倒的な差があると思う。

このドラマを見るためだけでも加入する価値はある。そんなドラマだった。