「うる星やつら」とおっぱいちょうだい

2歳の息子がアマゾンビデオのうる星やつらに夢中だ。

我が家はアマゾンのプライム会員&アマゾンスティックを買ってテレビに刺しているので、息子は朝からアマゾンスティックの音声検索を使いこなして「おさるのジョージ」を見ている。

そんなある日、「うる星やつら」の最初のエピソードが0円だったので、懐かしくて見ているうちに息子もはまってしまったようだ。

「これが見たい、これが見たい」と画面に表示されると、何度も言って来る。

おっぱいがすき

 

なぜ息子が好きなのか。それはおっぱいと関係があると思う。

息子はもうすぐ3歳なのに会話の8割は「おっぱい」である。さすがに卒乳しているが、ママのおっぱいを求め続けている。飲むではなく、触るのが好きなようで、ママがいない時はパパのを触って「ない!」と怒ったりしている。

寝る時間になると息子の「おっぱいちょーだい!」という声が響く。最近はこのフレーズばかり言ってる。

やれやれ。村上春樹じゃなくても、そんなことを言いたくなる時間が過ぎて、我が家は眠りにつく。

最低のコール

 

その日は僕と2人の息子でお風呂に入っていた。タオルを持った嫁が入口に来たので、「ママはうる星やつらの歌が上手いんだよ!」と言ったら、嫁がノリノリで歌いだした。

「そんなにソワソワしないで~」

「おっぱいちょーだい!」

最低の野次。びっくりした。

もうアイドルのコンサートならつまみ出されるレベルだよ。

その後も歌の合いの手のように繰り返される「おっぱいちょうだい」のコール。

エロいおっさんだらけのスナックでも聞かないレベルのコールを受けながら、嫁は楽しそうに歌っていました。

世界は今日も平和だな、っと。

当ブログは「STORK」を使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

78年生まれ。東京在住。タモリと日本語のヒップホップと落語が大好き。俳優では緒川たまきとムロツヨシ、サッカーはFC東京が好きです。最近は息子とファミコンをやるのがマイブーム。