スポンサーリンク

「毎年4、5人は死んだよ」小金井桜の戦前の花見を知る人物が衝撃の告白!

sakura

かつて東京には飛鳥山と並び称される桜の名所があった。

それが玉川上水の小金井桜である。

駅でいうと、中央線で吉祥寺の先にある「武蔵小金井」が最寄駅となる。

この玉川上水沿いの桜が名勝として知られていた時代があった。江戸時代から戦前までの時代だ。

その当時の賑わいを知る人にたまたま話を聞く機会があったのだが、なんと当時の花見では「毎年4、5人は死んだよ」という。

詳しく話を聞いてみることにした。

歌川広重の浮世絵にも描かれた名勝・小金井桜とは

小金井桜とは江戸時代に玉川上水の堤に植えられたおよそ2000本のヤマザクラのこと。

当時は歌川広重に浮世絵で描かれるなど多くの文人・歌人に愛された。

明治16年には天皇も見に来たほどの見事な桜であり、大正13年には国の名勝にも指定された。

昭和初期の観光ブームの時には、西武新宿線の数少ない観光スポットとして臨時駅まで誕生した。

そんな大人気だった小金井桜だが、今は排気ガスと桜の高齢化によって、すっかり廃れてしまい見る影もない。

それでは2004年に、玉川上水のそばの釣り堀で偶然話を聞いた84歳のおじいちゃんとのやりとりをお伝えしようと思う。

命がけだった昭和の花見

-小金井桜って昔は有名だったんですよね

「そうだよ。私が小さい頃は4月になると人で歩けないほど多かったね」

-小さい頃っていつ頃ですか?
「私が大正10年生まれだから、記憶にあるのは昭和の始め頃の話」

-だいぶ古いですね
「そうだね。小さい頃から凄かったけど、この辺りに西武線が開通してからよけいに人が増えたね」

-西武新宿線の開通が昭和4年でしたよね
「そう、その少し後に中央線が開通してそっちからも人が来た。あの頃はさ、みんな仮装して花見に来るの」

-仮装? どんな仮装ですか?
「侍とかひょっとこのお面とか被って来る。あれは電車の中から仮装してたのかなぁ・・・。侍の仮装をした人もさ、持っている刀が本物だった」

-本物?
「そう。あの頃は銃刀法違反もないから本物だったよ。そんで喧嘩になると、それを抜くんだよね」

-えっ! 死んじゃうじゃないですか?
「そう、昔の喧嘩はさ、半端じゃなかったからね。一升瓶で殴ったり、耳をちぎったりして、みんな喧嘩っ早いしね。だから毎年花見の時はこの玉川上水で溺れ死ぬ人も含めて4、5人は死んでた」

-花見で死人が出るんですか?
「そうだよ」

-その他にそういう話はありますか?
「そうだな、怖かったのが魚屋と床屋だな」

-えっ? なんでですか?
「魚屋はさぁ、毎月何日が休みって決まっているんだよ。それで休みになるとみんなで花見にきて、そこで包丁でもってその場で魚を裁いて花見客に売るの。それで、あいつらはまた喧嘩っ早いから、酒飲んでいると喧嘩になって包丁で出てくる」

-な、なるほど床屋は?
「床屋も一緒。あの人たちは花見に来て、花見客の髪を切る。だからカミソリを持ってるでしょ。それで飲んで喧嘩する」

-カミソリと包丁と本物の刀、とんでもない花見ですね?
「今じゃ信じられないだろうけどね。私はまだ10歳くらいだったから怖くてね。毎年、床屋と魚屋が来る日はみんなで軒先の武器になるような農具を隠して、私は畑の奥に逃げていた」

-周りの家はどうだったんですか?
「この辺はみんな農家だったけど、4月だけは別だった。みんな家の軒先を都心から来る商売人に金取って貸して、自分らは納屋みたいとこで暮らしてたよ。4月の儲けだけで農家の半年分くらいあった」

-そうなんですか?
「農家の中でも海苔巻きやゆでたまご、後お酒とか売る人もいたよ。当時は誰でもお酒を売れたしね」

-それにしても何で廃れちゃったんですか?
「う~ん、昔は桜を近所の若い奴らで消毒とかもしてたんだよ。大事な商売道具だからね。でも戦争から帰ってきたら変わってた」

-戦争の影響はあったんですか?

「戦争が終わったら、この玉川上水の隣りを走る五日市街道は所沢の飛行場まで繋ぐ輸送路として使うために米軍が全部アスファルトに整備をしたんだ」

-それで何が変わったんですか
「五日市街道が広がっちゃったから堤の形が変わっちゃった。昔は玉川上水があって堤があって道(冒頭の写真参照)があって、そこでみんな花見してたけど今はそんな場所はない」

-それで廃れちゃったんですね
「花見をする場所がなくなっちゃったからね。後は桜がちょうどその頃に一斉に寿命になったんだろうね、すっかり咲かなくなった・・・」

-あの賑やかな花見が無くなって寂しいですか?
「私はあの馬鹿騒ぎが嫌いだったから寂しくはないんだよ。それにしても今思い出しても昔は凄かったなぁ」

偶然出合ったおじいさんから聞いた話はすごい内容だった。小金井桜に関する資料など沢山ある。

しかし、こういう生の情報はなかなか出てこないものだ。死人が出る花見、喧嘩で血が飛び交う花見。

昔の花見はどうやら命がけだったようだ。昭和初期の人々は何事も命がけだったってことか…。

それにしても、どんな花見だよ!

※この記事は、2005年に書いた記事を大幅に加筆・修正した記事です。

名勝小金井桜の今昔 10~100歳に贈る感動と発見の「えっ! 本」シリーズ
桜井 信夫 ネット武蔵野 2002-01-30
売り上げランキング : 1126530

by ヨメレバ